トレーラー(牽引)ドライバーの仕事内容・給与・待遇面

トレーラーは「牽引貨物自動車」とも呼ばれる自動車の種類です。運転席のある「トラクタ」に荷物を載せる「トレーラー」を接続して走行します。種類にはコンテナやタンクローリー、フルトラクタやダンプトレーラーやキャリアカーなどがあります。

海外などから港の近くに届いたコンテナなどの大きな荷物を、長距離に渡って運搬することが多いお仕事です。荷物は重機などで積み下ろしをすることがほとんどですが、中には積み下ろしやシートがけなどを手作業でするケースもあります。

経費を抑えるために高速道路料金の安い深夜の時間帯に移動することが多く、そのため、必然的に勤務時間が夜間から早朝となりがちです。もちろん日中の業務もあります。

牽引(けんいん)自動車免許

牽引自動車免許は、750kg以上のトレーラーや荷物などを載せた台車を、接続して運行するために必須の免許資格です。一般的には牽引免許=「牽引自動車免許」とされることが多いのですが、路線バスなどで使用されるトレーラーバスの運転には、「牽引第二種免許」の取得が必要となります。

牽引自動車免許は、トレーラードライバーの業務に活かすのはもちろんのこと、キャンピングトレーラーやボートの運搬といったレジャーでも役立つ資格です。

牽引自動車免許の取得条件は、満18歳以上で普通自動車免許または大型自動車免許、もしくは大型特殊免許を所持していることがあります。他には両目の視力が0.8以上、一定の色彩識別能力や深視力や聴力を持つことも含まれます。

自動車教習所への入所後、適性検査と12時間の技能講習を受講し、技能卒業検定を合格した後に運転免許試験場での適性検査を経て牽引自動車免許を受け取ることができます。費用を安価に抑えるために「一発試験」を受験する方法もあります。

トレーラー(牽引)ドライバーの業務に就く条件

トレーラー(牽引)ドライバーの業務に就くためには、大型自動車免許(11トン以上)と牽引自動車免許が必須となっています。普通自動車免許でも牽引自動車免許の資格は取得できますが、大型自動車免許を持ち、大型車の運転の経験値が高い人ほど採用確率は高くなります。他にもフォークリフトの免許(フォークリフト技能講習修了証)などがあると優遇されます。

トレーラー(牽引)ドライバーの勤務時間

トレーラー(牽引)ドライバーは、前述したように、高速道路料金の安い深夜に運行することが多くなります。移動距離によっては車中泊などを含む数日間の移動となるケースもあります。

必要な免許(資格)

大型自動車免許(11トン以上)
牽引自動車免許

あると優遇される免許
フォークリフト技能講習修了証

給料

25万円~40万円以上(正社員)
出来高制(業務委託)

勤務形態

正社員・業務委託

求人例

募集企業:株式会社三駿運輸
募集職種:トレーラードライバー
勤務地:静岡県三島市

募集企業:三和運輸機工株式会社
募集職種:28tセミトレーラー
勤務地:茨城県神栖市

募集企業:株式会社正洋
募集職種:トレーラー
勤務地:群馬県邑楽郡邑楽町狸塚190

2018-05-08T09:19:53+00:00